言語聴覚士をこれからめざす方へ

言語聴覚士になるには、法律に定められた教育課程を経て国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受ける必要があります。

 

高校卒業後、文部科学大臣が指定する大学(4年制、3年制短大)、または、厚生労働大臣が指定する言語聴覚士養成所(3年ないし4年制の専修学校)に入学し、必要な知識と技能を修得し、卒業する必要があります。

 

一般の4 年制大学を卒業した場合は、専修学校(2年制)で必要な知識と技能を修得する必要があります。

また、外国の大学などで言語聴覚士に関する学業を修めた場合は、厚生労働大臣の審査・認定を受けることで受験資格が得られます。

 

鳥取県では、残念ながら県内に言語聴覚士養成校はございませんが、将来、言語聴覚士として県内で就業しようと考えておられる学生の皆さんに、修学資金を貸し付けております。
養成施設を卒業後、県内で一定期間言語聴覚士の業務に従事した場合、修学資金の返済が免除されます。
詳しい内容は、鳥取福祉保険部医務薬事課ホームページをご確認下さい。